久しぶりに編み物をやってみました

Published / by ahurodea

今は100円均一のショップでも毛糸が販売されていますし、編み棒も販売されているので気軽に編み物を楽しむことができるようになりました。

数年前まで編み物にハマっていたので、シュシュなどの小物に限定されますが、頻繁に作っていたことがありました。

今年も可愛い毛糸を見かけたので、久々に編んでみようと思いました。

ところが、あれだけ慣れていた編み物が全然分からなくなってしまったのです。

どうやって編んだらいいのか、編み方が分からなくなりました。

全然やっていないと忘れてしまうものなのだなとショックを受けました。

よく分かる編み方の本を編み物を始める前に購入をしたので、それを見ながらやってみたところ、勘が戻ってきました。

ちょっとやってみると思い出せるものなのです。

そういうことって他にもあるんじゃないかなと思います。

普段からやっているのであれば、編み方が分からなくなるなんてことはないと思うのです。

でも寒くなってくるとやってみたくなることなので、1年を通じて編むということは出来ないと思います。

今後は編み方を忘れることがないように、定期的に編み物をやっていきたいなと思います。

肩が凝るので適度に楽しみたいなと思っています。

今まで、誰かに甘えて生きてきたけど

Published / by ahurodea

学生時代が終わり、自立しなければいけない年齢になりました。大学生の頃は自分が大人の仲間入りしたような気持ちだったけど、親からの経済的援助もあったし、なんだかんだで、やらかしてしまった時は親に頼っていました。でも、社会人として、生きていく上で、一番大事なのは対人関係だと思います。今まで、友達がいたからこそ、頑張れていた部分が大半です。会社に勤めたら、周りの人は今までの友達とは付き合いの仕方が変わってくると思います。

孤独を感じる場面が多々あると思います。そんな環境でも、自分の力を思う存分発揮して、しっかりと自分の足で歩んでいければいいなと思います。でも、やはり、不安なことの方が多いです。大人になるって大変です。

料理を褒めるって難しいことですね

Published / by ahurodea

私の母は「料理を作っても誰にも褒められない。お父さんも弟もおいしいともまずいとも言わない。おいしい?って聞いても口をもごもごさせながら頷くだけ。作り甲斐がない」とよくこぼしていました。私も気が向いたときに料理を作りますが、自分の作った料理に対して感想が一切ないというのも悲しいもの。そこで私が率先して、母の料理を褒めることにしました。おいしい料理が出てきたら「これおいしいね、また作って」と笑顔。感想がおいしいだけでは嘘くさいだろうと、「塩が多いね」「すっぱいね」などと様々な趣向を凝らして褒めました。

ですが3か月経っても母の言うことは同じ。しびれを切らし、「私は感想言ってるよね?」と尋ねると

「確かにあんたは料理おいしいおいしいって言うけど、なんでもおいしいって言うしおいしかった料理覚えてないでしょ。知り合いに認知症のおばあちゃんがいるんだけど、その人も全部おいしいおいしいっていうし、どれがおいしかった?って聞いても、ぜーんぶおいしかったよ、だって。作り甲斐ないよ」とバッサリ。こればっかりは母に味方できません。わがままが過ぎるのではないでしょうか。

ユーリ!!!on Iceを全話一挙見しました

Published / by ahurodea

朝日系列で放送していた、男子フィギュアスケートを題材にしたアニメ「ユーリ!!!on Ice」を、休日の間に一話から最終話まで、一挙見しました。「面白い」と噂だけは聞いていたので、録画してとっていたのですが、実際観てみると一話からストーリーにぐいぐい引き込まれ、最終話まで一気に観てしまいました。

ストーリーは、日本人のフィギュアスケーター「勝生勇利」のスケートのコーチに、ひょんなことから世界選手権5連覇中のロシア人スケーター「ヴィクトル・ニキフォロフ」がなって、グランプリファイナルを目指すというものです。

約8か月の練習の末、射止めたグランプリファイナルの舞台、ショートスケーティングでは4位に留まる勇利。「最終話はヴィクトルの歴代の得点を超えて金メダルで終わるんだろうな」と思っていたら、もう一人の主役であるロシア人の15歳のユーリが金を取ってしまい、勇利は銀メダルに終わってしまいました。

そしてヴィクトルに「もう1年コーチをして欲しい」と頼むと、現役復帰するというヴィクトルは快く承諾して、勇利も練習の拠点をロシアへと移し、エンディングは勇利のエキシヴィジョンで終わります。

最終話は何度見ても新しい感動があり、久々に面白いアニメを観ました。

この終わり方だと2期か映画がありそうなので、楽しみに待っています。

国会議員の靖国神社参拝に関して思うこと

Published / by ahurodea

今年も国会議員の靖国神社参拝の報道があった。

今回は、先日、ハワイのオワフ島に訪問する総理大臣に同行した稲田防衛大臣である。

靖国神社参拝に関しては、戦没者追悼ということでは何らの問題ではないが、A級戦犯者を祀っていることで、海外、特にアジア各国には受け入れられない事態が続いている。

今なぜと思います。

亡くなったアメリカ軍人に対して祈ってきたあとであればと思っているのかもしれないが、日本の犯したことはほかにもある。

特に、アジア各国にはいろいろな問題が根付いている。

もっと解決をしなければならないものが多くあるので、総理大臣をはじめ国会議員は、アジア各国に目をむけ、足を運ぶ必要があると思う。

過去の過ちを今の人に何ができるかはわからないが、努力はすべきではあると思う。

笑ってはいけないと思っているけども…

Published / by ahurodea

我が家には、20年経つ愛犬がおります。

犬で20年って、結構な歳なんですけど、これまで大きな病気も無く、癒してきてくれてます。

さすがに、後ろ足が少し弱くなってきてしまっているのと、目が少し見えにくくなってきているようですが、ご飯もモリモリ食べて、まだまだ元気いっぱいの様子を見せてくれています。

このワンコ、たまになんですが、くしゃみをするんですけど、それが場所がおかしくて。

水を飲もうと水の入った器まで行き、そのタイミングでくしゃみ。当然、器に鼻先がぶつかってしまい、水をごぼしてます。

ある時は、窓の手前でくしゃみをして、窓にぶつけ、壁際でくしゃみをして、壁にぶつけ…

結構な音がするので、痛いとは思うんですけど、ついつい、可愛くなって笑ってしまいます。

この間は、ご飯(ドックフード)食べながらくしゃみをしてしまい、ばら撒いていました。その時は、娘もご飯(離乳食)を食べながら、同じタイミングでくしゃみを…娘もご飯をばら撒いていました。

両方で大惨事でしたが、思わず笑ってしまいました。

本当は心配してあげるところだと思ってますが、ついつい…

これからもまだまだ和ませて貰いたいです。

初めて広島風お好み焼きを食べた

Published / by ahurodea

冷凍食品で、広島風お好み焼きを見つけました。鹿児島は大阪風お好み焼きしかなくて、私は広島風お好み焼きを食べた事がありませんので、買ってみる事にしました。

レンジで温めて、添付のお好みソースをかけて食べます。マヨネーズもつけた方が美味しいかも、と、マヨネーズもつけました。

感想は、食べにくい、と思いました。

美味しいのですが、どうしても焼きそば麺が邪魔してる、と言いますか、出来れば別で食べたい。

麺はしこしことこしがあり、豚肉がとても美味しいのですが。

大阪風のお好み焼きしか食べた事がないから、広島風は慣れるまでの違和感がすごいです。

美味しく頂きましたが、たぶん私はもう、この広島風お好み焼きを買う事はないでしょう。